端午の節句


『 五月人形 』

桧兜とは総桧で作られる古式ゆかしい飾り兜で

端午の節句に飾られました。主に天皇家や上級公家の依頼により

有職御木具師が御用を賜り作成した事がはじまりとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『 軒菖蒲 』

古くは、菖蒲の節句とも呼ばれ、葉や根に強い香りや薬効があり、

薬として用いられました。

健康を守り邪気を払う薬草と信じられた為、ご節句の時期に

菖蒲・蓬を束にし、玄関の軒に吊るすようになりました。

 


PageTop